So-net無料ブログ作成
新ブログへ移行しました。
新URL namelesscity.tokyo

こちらのブログの更新は停止しています。
また新ブログへ過去記事をコピーしてあります。
コメントへの返事はするのでお気軽にどうぞ。

KM1 111849FS BR18.478 Museum Nördlingen:詳細編 [車両]

うざいくらい続くKM1 BR18.478投稿シリーズ。
仕事も落ち着いたので今回はちゃんと写真を撮影してみた。

前回書いた破損の事もあってより詳細に見える写真を記録して置こうと
思い立ったけど、ここまで美しい機関車だと撮影そのものが楽しい。

まずは付属のパーツからつける事にした。
マニュアルを見ると交換パーツがいくつかある事がわかる。
170215A_0006.jpg

名称分からないけど最も目立つシリンダーの飛び出ている部分を交換してみる。
170215A_0000.jpg

単純に六角レンチで外れるようになっている。
170215A_0001.jpg

外れたパーツ。これも金属製。
170215A_0002.jpg

付けるパーツはこちら。長いロッドをそのままねじ込むタイプ。
170215A_0003.jpg

見ての通り先輪の真横にくるためマニュアルによると最小半径が
いっきにR2300になる。
カーブレールを買ったらまたR1080仕様に戻そうと思う。
170215A_0004.jpg

R2300でよければこのステップも差し替え可能だけど、最初からついている
短いステップの外し方がわからず断念した。
170215A_0005.jpg

そして写真撮影開始、きれいに撮れるように努力してみた。
170215A_0007-11.jpg

170215A_0012-16.jpg
何人か興味のない人にも見せたけど、HOやNにくらべて驚き方が全然違った。

いくつか寄りも撮影。
170215A_0017.jpg

170215A_0018.jpg

170215A_0019.jpg

170215A_0020.jpg

170215A_0021.jpg

170215A_0022.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。