So-net無料ブログ作成
新ブログへ移行しました。
新URL namelesscity.tokyo

こちらのブログの更新は停止しています。
また新ブログへ過去記事をコピーしてあります。
コメントへの返事はするのでお気軽にどうぞ。

続PECO Turnout [DCC いろいろ]

2016/05/24追記:PECOのDCC化関連の記事をこちらで整理してあります。

前回書いた元の情報はHOだったみたいで、Code55のElectrofrogは何箇所か
切断するだけでDCCいけるみたいだ。
情報元 Connecting Feeders to a Peco Electrofrog Turnout
ただしフログ部分が絶縁されるので、短い動力車などは止まるっぽい。
そこでフログ部分の極性変更をリアルタイムで行うFrogJuicerなるものをはさむっぽい。
これはLenzのReverseLoopモジュールのようなもので、Hex版はReverseLoopにも
対応できるすぐれものらしい。面白い。

逆にInsulfrogは各所接続しないとだめなのかな・・・。
電気的な事も勉強しないと・・・。

あとYoutubeでCode55の各社比較をしてる動画を見るとATLASは微妙みたいだ。
MicroEngineeringとPECOを薦めていた。


PECO Turnout [DCC いろいろ]

2016/05/24追記:PECOのDCC化関連の記事をこちらで整理してあります。

前回少し書いたDCC FriendlyなTurnoutについて初心者なりのメモ。

去年でてきた30年前のPECOのTurnout、持ってきた父も覚えていないという年代もの。
ちゃんと調べたらCode80のSL-396 Insulfrogだとわかった。

公式の資料と比べてもいまだに設計が変わっていないのがわかる。
IMG_2822.JPG

見た目重視なPECOのCode55でDCCレイアウトを構築するにはどうしたらいいか調べると
前回も書いたけどPECOはFriendlyじゃないという言葉が多い。
しかしそれに反論するこちらのブログを見てどう言う事か自分なりにまとめてみた。
間違っているかも知れないけど一応メモ。

まずPECOでもInsulfrogならDCC Friendly、ただし少しだけ絶縁する必要がある。
絶縁する箇所はフログの分岐側で車輪が跨ぐところ。
簡単にエポキシ塗って絶縁と書いてある。
けど写真がInsulfrogと書いててもElectrofrogっぽいんだよな~。謎。

自分のTurnoutフログ部分アップ。
IMG_2823.JPG

非選択式とはいえATLASのようには絶縁区間が短くないかもしれない。これから確認。
と言うかテスター買わないとだめだ。
Electrofrogを非選択式にする方法も書いてあるけどハンダ付けも多く相当大変そうだ。
と言うか出来るだけハンダ付けしない方法を考えたい。

そして問題が、InsulfrogはCode80にしかない。
Code55で統一したいと思うと段差覚悟で接続するしかない。
TurnoutだけATLASという選択肢もあるけど、枕木がアメリカ式。
けど100%DCC FriendlyなのはATLASでCode55もあるので全部ATLASでも
いいかもしれない・・・。

とりあえず注文してあるFleischmannのスターターキットが届いたら勉強しよう。
FleischmannのTurnoutは選択式とどこかで読んだけど、それもまた届き次第確認。
modellbahnshop-lippeから出荷メールがきたので2週間くらいで届くかなぁ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。