So-net無料ブログ作成
新ブログへ移行しました。
新URL namelesscity.tokyo

こちらのブログの更新は停止しています。
また新ブログへ過去記事をコピーしてあります。
コメントへの返事はするのでお気軽にどうぞ。

レールの仮組み-3 [レイアウト DC]

先日発掘されたニューレールセットDに引き続き、その他レールや車両も出てきた。
30年以上屋根裏に眠っていたっぽい。
DSC_3142.JPG
サロンエクスプレス東京が揃っているのが恐ろしい。あとでメンテしよう。
そしてなぜかイギリスPECO製のポイントまで出てきた。父も覚えてなかった。
父のHOコレクションはレールもしっかり残っていてメンテ次第では動きそうな感じ。

レイアウトの方はベースになるスタイロフォームや別のスチレンボードも800x400に切断。
DSC_3143.JPG

少し設置して様子を見てみると。
DSC_3148.JPG
勾配はこのくらいが限界かもしれない、ポータルが無駄に大きいので切断する事にする。

レールの仮組み-2 [レイアウト DC]

レールを仮組みしてみて思ったより左右に余裕がある事がわかったので若干レイアウト変更
0209_Plan.jpg
左の赤い部分のカーブを膨らませてポータルなどトンネル工事に配慮。
ついでに絵的な問題でトンネルから出てくる姿が見やすくなるはず。

レールも足りたのでそのまままた仮組み
DSC_3128.JPG
左のカーブの立体感が強調されそうなのと、右の並列カーブとの差別化も出来た。

続いてレールを両面テープで軽く固定
DSC_3134.JPG
レールを外した時のガイドも書き込み、切断箇所もなんとなく書き込み
さらに800x400に切断

そしていよいよスチレンボード切断、これが今後のガイドになる予定
DSC_3135.JPG
いつの頃からか忘れていた工作意欲がわいてくる、楽しい!

試しにポータルを設置してみる
DSC_3138.JPG
まだまだ高低差はつくし、複雑になるはず。
しかしこれだけ小さいと橋や駅も勾配の途中になりそう。

次はスタイロフォームも800x400に切断して様子をみよう。
じっくりやっていきます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。